FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SP野望編

20101119.jpg
岡田くんのアクションシーンかっこよかったぁ。
でも、続編ありきで作ってあるから、この作品を観ただけではサッパリ意味が分かりません。
途中でスピード感が無くなって眠くなっちゃったし・・・
続編に期待しましょう!

インシテミル

待望の藤原竜也主演の映画「インシテミル」を公開初日に観てきました。

ホリプロの50周年に合わせた企画物なんですね、この映画。。。
まぁ、藤原くん大好きの私にはそんなことどうでもいいですが。

原作を読んだ人はすごい面白いミステリー作品だよ!って言ってましたが、映画になったことでミステリーではなくサスペンス&ホラーチックになってしまったみたいです。
よって、デスゲームが淡々と進行して一人二人と殺されていくだけで、ストーリーとしては観てて単調だったかなぁっと思いました。

まぁ、でもあれだけそうそうたるキャストが揃ってて、各々の存在感はさすがです。
劇場の観客も石原さとみや綾瀬はるか好きと思われる男性が多かったですが、正直私は二人とも好きじゃないけど、この映画で役者としての株が上がったのは石原さとみでしょうね。なんか陰的で不気味な雰囲気がすごく出てて良かったです。
あと、武田真治や平山あやとかも、人間の精神が極限を超えた時の猟奇的な感じがリアルな感じがして、観ていて面白いなぁっと思えました。

藤原くんについては文句無くカッコイイ!!
どんなにダメ男やらせても、カッコイイし演技も最高です。
北大路欣也や片平なぎさとか大物も出ているにも関わらず、最初から最後まで藤原くんの映画でした。

大奥

20101006.jpg
二宮和也主演の「大奥」を観てきました。

男女逆転の大奥とのことだけど、やっぱり今までの女世界の大奥のイメージが強過ぎて、イケメンばかりとは言え男の大奥って・・・んぅ~ん、なんかねぇ。
まぁ、もともとニノが出てなきゃ観に行かないだろう映画だったけど、やっぱりそれ以上の期待は全くなかったです。
男の大奥=単なるホモ達の世界でした(泣)

来年のGANTZに期待しましょう!

十三人の刺客

20100926.jpg
「十三人の刺客」を観てきました。

時代劇物の映画はあまり観ないのですが、稲垣吾郎ちゃんが出ていて気になったので観ました。
三池監督作品ならではの、バイオレンス場面の誇張は「エグ~イ!!」っと目を背けたくなります(汗)
錚々たる俳優陣の中で、吾郎ちゃんはお飾り的存在になるのかと思ったけど、ラストのシーンとか結構頑張ってましたね。あのシニカルな感じが吾郎ちゃんにあってる気もしたし。

141分の大作でしたが、戦闘シーンも含め飽きずに観ることが出来ました。

悪人

20100911.jpg
話題の「悪人」を観てきました。

こんな妻夫木くん見たことない!!って感じです。
なんか、生理的に受け付けないような部類の人間を演じてる。
しかし、そんな男になぜか惹かれていく女性を、モントリオールで最優秀女優賞を取った深津絵里が演じているんですね。

人間の根本的な部分、しかもそのごく一部をクローズアップしてヒューマンドラマとして描かれているので、もちろん考えさせられる部分と、見終わった後に引きずる嫌な気分がある映画です。

深津絵里の言う「あの人は悪人なんですよね・・・」って言うセリフが私的には印象的だったかなぁ。
もちろん殺人はどんな理由があろうと肯定出来ることではないが、じゃあ罪を犯さなければ警察に捕まらなければ悪人じゃないのか?
この映画を観ると、明らかにムカつく心根の腐った悪人はアイツとアイツなんですよ。
でもそいつらに関わったがために妻夫木くん演じる主人公が世の中から悪人とされてしまう。

この手の映画はデートには不向きですね(汗)

ハナミズキ

20100827.jpg
ハナミズキ観てきました。

北海道の小さな漁村で育った二人の10年間の恋のお話。
よくある恋バナ、だからこそ切ない・・・
本当にひたすら切ない映画です。

しかし、泣けるか?っと言われると、それ程ではなかったけど。。。
うるっときたのは2シーンありました。
1シーン目は、東京に行く紗枝に船から「ガンバレ紗枝」と康平が見送るシーン。
これについては、映画そのものよりも、バックに流れた一青窈「影踏み」の曲で昔JRAのイメージCMに使われてたのを思い出して「あのCM感動的で好きだったなぁ」っていう気持ちでうるっときました。
2シーン目は、恋人を亡くした紗枝が追悼個展をやってスピーチ最後に母親が会場に来ているシーン。
やっぱり娘と母親の絆ってすごいなぁってうるっときました。

斗真くんはひたすらカッコイイのですが、こんなカッコよくて彫りの深い漁師おらんやろ!!っとつっこみたい(笑)
ここんとこ斗真くんは、映画でもテレビでも、どちらかというとダメ男が多いですね。

ソルト

アンジーの「ソルト」を観てきました。

初めから最後までハラハラドキドキのアクション&ストーリーです。
信用したり騙したりの繰り返しで、誰が悪者なのかも分からなくなる感じ(笑)

ラストでまたまたアンジーは逃げてっちゃったし???
落ちが無いのがオチってところでしょうか。

インセプション

レオ様と渡辺謙との競演で話題の「インセプション」が23日からの公開に先駆けて、三連休に先行上映していたので待ちきれずに観てきました。
最近、邦画が多かったので、字幕とストーリーのスピードについていけるのか心配でしたが・・・
なんとなく予告やプロモーションなんかであらすじを聞くと、SFでストーリー的にちょっと気を抜くとついていけなくなりそうな感じだったので、結構気合入れて観ました。

私、正直あんまりSFは好きじゃないのですが、気合入れてみたせいか意外に映画として面白かったです。
ハリウッド映画に日本人が出てるっていう贔屓目もあるのと、レオ様演じるコブのバックボーンも分かりやすかったし。
ただ、入り込んだ夢が何次元にもなっていて、誰がどこに居るのかまでしっかりは分からなかった(汗)

最後シーンのコマは回り続けたままなのだろうか?!気になる・・・

踊る大捜査線3

今日はバーゲン→科学館→映画とかなり目一杯はしごしています(汗)

今更「踊る大捜査線」かぁ~っと思いつつも観に行ってしまいました。
テレビシリーズや以前の映画との話の関わりが今作は多過ぎるので、予備知識なしではこれは全く意味が分から無いと思います。
私もテレビシリーズはほとんど知らないし、映画も地上波テレビで見たことある程度だったので、分かるところと分からないところがありました。
よって見終わった後に消化不良感が否めません。

今月はあといくつか映画を見に行く予定なので、そちらを楽しみにしたいと思います。

RAILWAYS

今日はミッドランドスクエアシネマで「RAILWAYS」を観てきました。

YAHOOレビューとかの前評判も高評価だったみたいだけど、ワタシ的には久々にダメ映画を観たって感じでした。
やっぱり女性なので高島礼子演じる奥さんの目線で映画を観てしまうと「おい、そんな大事な決断相談せずに決めて勝手過ぎるだろ!!怒」っとなんかイライラする感じ。
尋常じゃなく勝手な男の生き様を描いた映画で、多分大半の女性は???ってなると思うんだけど。

プロフィール

nagoyan

Author:nagoyan
管理人nagoyanがI Love【愛】な日々の出来事いろいろお話ししちゃいます。
↑写真はスペインのサグラダファミリアです。

I Love 名古屋
I Love スペイン
I Love 嵐
I Love 堂本剛
・・・etc・・・

息子くんの成長曲線

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

最新記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。